NEWS新着情報

戸建てリフォームの基礎知識を教えます!

2019.03.08

戸建てのリフォームのポイント

◆間取り変更で注意すべき点

一戸建ては比較的間取りの変更の自由度が高い傾向にありますが、

プレハブ工法や2×4(ツーバイフォー)工法の場合は、間取りの変更が難しくなります。

この場合、間取りの変更に制限がかかる、もしくは変更ができないといったこともあるため、

プランを立てる前に確認をしておきましょう。

◆リフォーム以外にかかる費用も考えましょう

リフォーム工事の計画によっては、リフォーム中の住居として仮住まいが必要となる場合もあります。

その場合、仮住まいの家賃や、引っ越し費用など、リフォームの見積もり以外にも費用が発生することになります。

また、家財道具を一時的に預けるため、レンタルスペースを借りる費用もかかる場合もあります。

まずは、リフォーム時に仮住まいが必要になるのか施工会社に確認を行うなど、

リフォーム以外にかかる費用の洗い出しを行いましょう。

◆法令に違反しないように注意しましょう

リフォームを行う場合も建築基準法が適応されます。

建蔽率や容積率を確認し、法令に違反しないように気をつけましょう。

例えば縁側、出窓、二階部分のベランダなどを設置する場合、

建蔽率や容積率が変わってくる場合があるため、注意が必要です。

◆大規模なリフォームは確認申請が必要です

たとえ敷地内であっても、庭部分に新たに部屋を増やす、平屋から二階建てに階数を増やすといった「増築」や、

現在の建築物の半分以上をリフォームするなど、大規模なリフォームを行う場合は、

役所に建築確認申請を提出する必要があります。リフォームプランを立てたら役所に申請が必要か確認をしてみましょう。

◆補助金制度を活用しましょう

省エネ・耐震・バリアフリーなどが目的でリフォームを行う場合、国や地方自治体から助成制度を受けられる場合があります。

また、エコポイント発行期間中の場合、商品券やエコ商品と交換可能なエコポイントが発行されます。

リフォーム前に補助が受けられる対象か確認をしておきましょう。

リフォームと建て替え、どちらか迷ったら

【リフォームのメリット】

▶︎建築基準法の建ぺい率・容積率の規制が建築当時より厳しくなっていた場合、

今よりも小さい家屋になることがあります。リフォームなら、広さはそのままで内部を一新できます。

▶︎リフォームなら、予算の範囲内で、キッチンのみ、寝室のみなど段階的に施工が可能です。

工期も短期間ですみ、引越しや仮住まいのわずらわしさもありません。

(※ケースにより仮住まいが必要になる場合があります。)

▶︎思い出深い住まいが残せます。

【こんな場合は、建て替えを】

▶︎地盤が悪く、家屋が傾いている場合。

▶︎土台や柱がシロアリに侵食されている場合。

▶︎地震に弱い束基礎(昭和40年代以前の建物に多い)の場合。

▶︎全面改修で、リフォーム工事費が新築よりも高額になる場合。

(ただし、建て替えの場合は、工事費プラス解体費、2度の引越費用、仮住まい費がかかる点に注意)

住宅リフォーム・バリアフリー工事は愛知県一宮市の理建にお任せください。


会社名:理建

住所:〒491-0143 愛知県一宮市浅井町大野1016番地

TEL:090-3557-0054 
FAX:0586-51-0054

営業時間:8:00~21:00 定休日:日曜日

業務内容:一般住宅リフォーム、店舗改装、アパート・マンションリフォーム、水道設備工事・外壁・屋根修繕

pagetop