NEWS新着情報

タイプ別キッチンの特徴

2021.03.26

 

キッチンのような毎日使う箇所であれば、使い勝手がいいものを選びたいものですよね。

キッチンにはいろいろな種類があり、それぞれが異なる特徴を持っています。

自分に合ったタイプのものを選ぶようにしましょう。

ここでは、キッチンの種類にはどのようなものがあるのかご紹介します。

 

カウンターキッチン

カウンターキッチンとは、リビングやダイニングに向かって対面になっているキッチンのことを言います。

キッチンで作業をしているときにもリビングやダイニングを見渡すことができるため、

開放感がありリビングにいる家族と会話ができ、疎外感を抱きにくいというのが大きなメリットです。

ただ、リビングとダイニングに向かってキッチン空間がオープンになっていることから、

ニオイなどが部屋全体に広がってしまうというデメリットがあります。

 

アイランドキッチン

アイランドキッチンとは、その名の通り島のように独立しているタイプのキッチンです。

キッチンが壁に接しておらず、周囲をぐるりと移動することができます。

大勢で料理をすることができるため、家族みんなで料理をしたり、友達が集まって料理をしたりすることが可能です。

ただし、アイランドキッチンは独立した状態で設置するため、設置するには広いスペースが必要になります。

また、カウンターキッチン同様、リビングやダイニングと同じ空間にキッチンがあるため、

ニオイが部屋全体に広がりやすいというという点がデメリットです。

 

I型キッチン

I型キッチンとは、コンロからシンクまでがI字型、つまり横一直線に並んでいるタイプのキッチンのことです。

ペニンシュラキッチンとの違いは、作業をする手元がリビング、ダイニング側から

見えなくなっていることが多いという点でしょう。

手元が隠れているため、キッチンのごちゃごちゃした感じが隠しやすいという点がメリットです。

ただ、その分開放感は減少します。

 

L型キッチン

L型キッチンは、作業台がL字に曲がったタイプのキッチンです。

I型キッチンに比べキッチンスペースが広くなるため、作業がしやすくなるというメリットがあります。

また、体の向きを変えるだけでコンロからシンクに作業場を変えられるので、移動が楽というのもメリットです。

ただ、コーナー部分がデッドスペースになってしまい、収納スペースがとりにくいというデメリットがあります。

 

キッチンにはさまざまな種類があります。

それぞれで使い勝手が違いますし、メリット、デメリットがありますので、

自分のスタイルに合ったものを選ぶことが重要になります。

キッチンは毎日、長時間使う箇所です。

ストレスが少なく、楽しい気分で作業ができるものを選びたいものですよね。

 

 

住宅リフォーム・バリアフリー工事は愛知県一宮市のRe-neue株式会社にお任せください。


会社名:Re-neue株式会社

住所:〒491-0143 愛知県一宮市浅井町大野字郷中991-1

TEL:0586-58-0493 
FAX:0586-51-0054

営業時間:8:00~21:00 定休日:日曜日

業務内容:一般住宅リフォーム、店舗改装、アパート・マンションリフォーム、水道設備工事・外壁・屋根修繕

pagetop